ハピメ | ログインはこちらから

ハッピーメール | ログインはこちら

電話番号/メールアドレス/会員ID/Facebook/アプリのいずれかログインします。

※いずれも登録は無料。推奨はFacebookです。アプリはおすすめしません。

 

ログイン | 登録は Facebook がおすすめ

ハッピーメールへはFacebookでのログインをおすすめします。

 

理由は2点あります。

 

Facebookからはあなたのログイン | 登録情報がタイムラインに反映しませんので、お友達や業者に伝わりません。安心してご利用頂けます。

(アカウントを使うだけで、ログイン情報がFacebookに投稿されることもありません)

 

Facebookはyahooメールやgmailメールアドレスが複数あれば、それ毎にアカウントが作成できるため、お友達により使い分けたり、出会いのあとメッセンジャーにやり取りの場を移して無料チャットが使えるので便利です。

(※@アプリHootsuiteでfacebookアカウントを複数管理できます AFacebookは1人1アカウントが原則のためご利用は自己責任になります。)

 


料金

ハピメへの会員登録/ログインは無料です。
年齢確認(クレジットカード登録)完了で無料ポイントをプレゼント致します。

 

サービスについては、男性はポイントによる従量課金制となっており、女性は無料でご利用頂けます。
※女性は一部有料コンテンツがあります。
たとえばお相手探しの掲示板閲覧は1ptです。

 

1P(ポイント)=10円 で購入が可能です。
決済方法としてクレジットカード決済がご利用いただけます。
詳しくはページトップの料金規定をご確認ください。

誰も教えてくれない出会いの本当のコツ | 基本的なルールあり!

ハピメなどの出会い系サイトは短刀直入にいうと、SEXしたい大人の男と女が出会う場所です。

 

しかしアプリは全て年齢確認ができないので、アダルト機能が使えず、お目当ての相手を見つけることなどできません

 

かならずアダルト機能が使える「ハッピーメール公式サイト」からログインしてください。

 

 

さてハッピーメールは出会いサイト最大手のひとつです。

 

東京だけで100万人、全国で800万人の男女が登録していますから、暗黙のルールさえ知っていればお相手がすぐに見つかりセックスできます。

 

しかしその暗黙のルールを誰も教えてくれません

 

そこで具体的に説明しましょう。

 

SEX相手との出会い方ですが、まず登録を一通りすませたら、ハピメの掲示板に進んでください。

 

ここが恋人募集をかける場所です。

 

男女どちらでもかまいませんが、通常は女性が募集をかけ、男性がアプローチします。

 

男性はプロフィールのみで判断し、ここでお互いが気に入れば先に進みます。

 

はじめて会うときはFacebookのメッセンジャーでやり取りしましょう。

 

スマホで複数アカウントを用意できるので、プライバシー上安全です。

 

男性も女性もお相手ごとに使い分けると安心でしょう。

 

さて、ここでアポさえとれればセックスまでたどり着けるはず・・・

 

と思われるかもしれませんが、現実は少し違っています。

 

実際のところ、SEXをしたいという男女の内訳は大多数が

 

モテず、ソープランドへは経済的に通えない男性

 

内緒でお小遣いが欲しい女子学生や主婦

 

の組み合わせになるのはごく自然なことで、この大多数のニーズを前提にしないと話が進みません。

 

つまり出会い系は早い話が、

 

素人ホテトル

 

の入り口と考えるべきなのです。

 

もちろん表向き出会い系サイトでの売春行為は禁止されております。

 

かつてはあっせん業者による掲示板での金額の提示自体を、当局が警告したにもかかわらず、運営会社が隠語ならいいだろうと放置していました。

 

運営会社が動かなかったことを問題視して、「見せしめ」に最大手が摘発されたのです。

 

ですからここからはハピメの掲示板でやりとりはせず、facebookでお友達になり(=個人間の合意)、メッセンジャーに移行しましょう。

 

ちなみにfacebookがお友達とのセックスのやり取りに使われること自体、実は世界標準です。

 

Facebookは世界中どこも「18禁」なので、外国ではエロのやり取り中心なのです。

 

もちろん、LINEでも構いません。

 

まず女性からSEXの条件(=お代)が提示されます。「瓜」などと隠語で呼ばれることもあります。

 

なければそのままでもよいですが、男性から提示するとSEXするためには確実です。

 

おおむね本番ありは、別1.5−2、が相場です。

 

(※別はホテル代は別という意味です。アラフォー以上は別1〜込1.5=「苺」などと言われています。)

 

はじめての相手なら相場くらいで落ち着けるようにしましょう。

 

つぎに互いに心の準備が整ったらアポイントの順番です。

 

男性がスターバックスやドトールなど面接しやすい待ち合わせ場所を指定しましょう。

 

ホテルでコトを済ます時間を含めて、2−3時間程度は楽しんでください。

 

なお若いコはドタキャンやスッポカシが多いですが、そういうものだと気にせず次を探しましょう。

 

援助交際にならないよう誕生年を聞いて年齢の目星をつけておくことも大事です。

 

そしてお茶でお相手と出会って、少しお話して息があうと思ったらホテルへ行き、カラダの相性を確かめてください。

 

最後にコトが済んでからデート代をお相手に提供します。

 

その後もメッセンジャーでやり取りが続けば「定期」のお付き合いがはじまります。

 

 

なおお茶の段階でお相手が気に入らないか、18歳未満だと感じたら即刻

 

ごめんなさい、無理です

 

と言ってお茶代と交通費計0.2〜0.3程度提供して立ち去るのが冠婚葬祭的な大人の礼儀です。

 

対等な立場での面接ですから、どちらかがNGと思えば、出会いは成立しません。

 

強制があってはいけないのです。

 

このように、定期のお相手が見つかるまでハピメを利用します。

 

ポイント代は1000―3000円程度かと思います。

 

こうしたルールを知っていれば、比較的すぐに相手は見つかります。

 

また定期と別れたら、ハピメ掲示板に戻って探す・・・これを繰り返せば効率のよい出会いが出来ます。

評価 評判 | 業者の見分け方

ハピメではかつてサイト上で女性をあっせんする業者を取り締まらなかった、ということで運営会社の社長が逮捕される事件が発生しています。

 

なので運営会社の体制は大きく見直され、業者排除のためにサイトの書き込みは24時間監視しており、発見次第排除されるようになりました。

 

また不当な思いをしたと思ったら、ログインしてハピメの運営事務局へメールや電話で相談してください。24時間365日相談を受け付けています。

 

しかしながら成りすましのあっせん仲介業者が居なくなることはないでしょう。

 

なぜなら女性側に安全上のニーズ(いわゆるボディーガード役)があるからだ、と言われています。

 

ともかく、業者の簡単な見分け方をご紹介するので、まずは参考にしてください。

 

(掲示板で)

費用を提示している
かなり美人の写真を載せている
「すぐ会いたい」に載せており、「中出しOK」だったりする
あなたががアポをとった後も、掲示板に載せたままである

 

(アポ段階で)

いまどきガラケーでやり取りしている
駅を待ち合わせ場所に指定してくる
日本語がおかしい
アポ時間が1時間以内と短い

 

なお他のサイトも含めて業者や問題を起こした不良会員をチェックできる

第三者運営のデータベース

が存在します。

 

登録者はまだ少ないですが、お相手になりそうな人は該当しないかチェックし、嫌な思いをした場合は記入するなど積極的に活用するとよいでしょう。

 

 

↑ちなみにこれがハピメのことです。

 

もっともご自身も悪い評判が立たないよう、お相手と楽しく遊ぶようにしましょう。

 

 

実際のところ業者については女性の安全上のニーズを満たす一方、他方男性にとってはメンヘラやデブス、サバ読み過ぎ熟女を回避できるメリットもあり、必要悪と捉えらえている部分があります。

 

さらにコスプレなどフェチなニーズに対応した女の子が多く、デリヘルやおっパブでは本番が出来ないのに出会い系では出来るというのが何よりのメリットですので、そこはあまり気にし過ぎないほうが得策だと考えている男性が多いのです。

 

事例として東京で業者に所属し出会い系ホテトル嬢として活動していた、里菜さん(仮名)の日記を転載いたしますので参考にしてください。

 

この業者は摘発されたのですが、どのあたりまでがグレー(安全)なのかも説明されています。

 

さらに彼女たちの本当のニーズやいまのトレンドを覗き見れば、出会い自体の勝率を上げることが出来るかと思います。

 

 

このようにハピメの掲示板ではなかなか判別不能な業者通しであっても、女の子やユーザーに危害が及ぶことはまずありません。

 

法の及ばない、恋愛という本人同士の意思が尊重される世界だからです。

 

そもそも出会い系の女の子はカラダだけの割り切り関係だけでなく、本質的に定期を目的としているのがわかると思います。

 

 

結論として時間や手間をかけずエコノミーにセックスができて、そのまま恋人にできるのが出会い系サイトのよさであり、風俗などいろいろな体験をしても、結局ハピメに戻ってくるという男女が多いのがいまの実情なのであり、登録者は1000万人近くまで増え続けているわけです。

 

実をいう、私もまったくその口であり、生まれてこの方全くモテない男なものですから、出会い系ですらピュアな出会いはなく、失望してソープンドなどの風俗にカモられる生活を長く送っておりました。

 

でもやっぱり癒されないというか心が充実せず、どうしても一生に一度は若いコと付き合ってみたい一心から多くを望むのを一切やめ、あまり細かいことを考えないようにして出会い系サイトに再登録したのです。

 

そして若くて真面目そうな相手ならば十分という気持ちで3000円分ポイントを購入してその範囲で探した結果、すぐにごく普通の女子大学生と出会うことができました。

 

 

そこから自分の人生全般が上手く回るようになったのは間違いありません。

 

なぜなら、半年ほど「割り切り」でお付き合いしたのですが、幸福感で満たされるようになって自信がついた気がしたのです。

 

不思議と仕事まで上手くいくようになってきました。

 

さらに想いが通じたのか学費が苦しいからかわかりませんが、彼女が私の家に居つくようになり、いまでは同棲するようになりました。

 

もちろん生活費は私が負担していますが、彼女は料理や洗濯をしてくれて、家は私の帰りを待つようになりました。

 

そのあとはもちろん毎晩セックス三昧です。

 

若いコとのセックスは最高ですよ。ぼっちゃりデブでは体力的に負けてしまうので、スポーツジムに通いカラダを鍛えるようになったほどです。

 

自分でも生まれてはじめての経験なのでどこまで来たのかよくわからないのですが、本当の恋人が出来たと思っています。

 

 

このように「袖触れ合うも何かの縁」といいまして、出会いがなければ何も始まりません。

 

ですからハピメで気楽な気持ちでサクッと出会い、まずは友達になった女の子にお小遣いを提供するのが当然だ、という気持をもってみることでしょう。

 

いつか定期のお付き合いに発展することをお祈りしています。